私とブランドについて、改めて。[最後にお知らせもあり]

こんにちは、あいか(@aikanium)です。

今日は改めて私とブランド”renacnatta”について書いていきたいと思います。

名前は大河内愛加。1991年生まれの27歳で横浜出身です。
ミラノと京都を拠点にデザイナー・ディレクターとして活動しています。
メインのお仕事としてはリバーシブルスカート専門ブランド”renacnatta”(レナクナッタ)を経営しています。

私はファッションを勉強したこともアパレル業界で働いたこともなく、ブランドを立ち上げたきっかけは「思いつき」です。
そんなアパレル素人のブランドですが立ち上げから2年が経ち、徐々に色々な方に知っていただけるようになりました。

今回は私がファッションブランドを立ち上げるまでに至った経緯ここまでやってこれた理由を自分なりに分析して書いていきたいと思います。
私は自分のブランドを多くの人に知ってもらいたいのでタラタラと綴らせていただきますが、
これから自分で新しいことをしよう、と考えている人に少しでもヒントや一歩を踏み出すキッカケとなれば嬉しいです。

私のなりたい人が私のつくりたいものだった

ブランドを立ち上げた2016年。その年は日本とイタリアの国交樹立150周年私がイタリアに来て10年目という二つの節目がたまたま重なった年でした。
当時フリーランスになったばかりの私はグラフィックデザインやアートディレクション、さらに日本の企業や作家・デザイナーさんのミラノでの販路開拓やイベント開催のキュレーションを主な仕事としていました。(これらは今もやっています)
仕事はどれもやりがいを感じていましたが、案件を受けるだけでなく自分から発信する全くの新しいことも始めたいとも思っていました。

私だからこそ生み出せるものはなんだろう。

そう考えながら自分のそれまでのイタリア生活の10年を振り返りました。

イタリアに来て最初の数年は日本とイタリアの良い部分、悪い部分が色々と見えてきて、たくさんのことを考えさせられ、それぞれの国を好きになったり嫌いになったり、というのをひたすら繰り返していたように思います。
それがしばらくすると両方の文化や国民性を客観的に見られるようになり、「日本のこういうところが素敵だから忘れないでいよう」「イタリアのこういうところは良いから取り入れよう」という意識を自然に持つようになっていました。

そんなことを思い返していると私が生み出したいことは私がなりたい人のような二つの国のいいところを取って落とし込んだモノだと気がつきました。

では具体的に何を作ろうと考えていた時、ふと「小柄だからぴったりと合う服が少ないんだよなあ」という自分の悩みから、着物からインスピレーションを得たスカートを思いつきました。着物特有の「巻く」「たくし上げる」をデザインのヒントにしたらどんな体型な人でもフリーサイズでぴったり着られるスカートになると思ったのです。
そこからの流れはさらに早く、、、
着物の形のスカートにどんなイタリアの要素を取り入れよう

そういえばイタリアでラグジュアリーブランドの余ったデッドストックのシルクを取り扱っているお店があるな

それなら着物もデッドストックの反物を使おう

使われなくなったテキスタイル同士の融合だからブランド名は「レナクナッタ」だ!!

こうして私の頭の中で小爆発のようにポンっとブランドが誕生したのです。

多くの人が母となってくれたクラウドファンディング

いざブランドを作ろうとした時、資金集めは迷いなくクラウドファンディングを選びました。
2ヶ月間のクラウドファンディングでは100人を超える沢山の方に支援していただき目標金額50万円の229%、1,145,800円を調達することができました。
支援してくださった方たちの多くは未だにSNSをフォローして支えてくださったり、リピート購入をしてくださっています。
”renacnatta”はクラウドファンディングで生まれたので支援してくださった方々全員が”renacnatta”の母だと思っています。(笑)
今でもオンライン上ではありますが、お客様と一緒にブランドを育てているという感覚があり、お客様も素直に意見を言ってくださるのでありがたいです。
例えば「タグの位置はここがいいと思う」「フレアが着てみたい」「すぐ売り切れるから予約システムがほしい」など、、、
もちろん全ての要望には答えられませんが、ブランド理念に沿っていて、より良くなると思ったものは反映させています。上記3つの意見は実際に導入済みです。

このように私がブランドを運営することが初めてなため、ファッションデザイナーやパタンナーの方々の手助けはもちろん、お客様の意見も大きなサポートとなっています。

そしてこれからもお客様との距離を大切にしながら一緒にブランドを成長させていければと思っています。

ファッションではなく「身にまとう文化」

私は自分のブランドをファッションと捉えておらず、コンセプチュアルアイテムのように考えています。
”renacnatta”は「服を作りたい」というところから始まったのではなく上にも書いた通り「日本とイタリアの文化を組み合わせた何かを作りたい」と考えた時に、たまたま思いついたものがスカートだったからです。

それまでファッションを仕事にしようと思ったことは一度もありませんでしたし、大学も広告デザインを専攻していたのでファッションを勉強したことはありませんでした。

アパレル産業は厳しいと言われているこの時代にファッションに無知な私がブランドを始めたことを不思議に思う方もいるかもしれませんが、私は「身にまとう文化」を展開しているという意識を持っているのでアパレル業界に足を踏み入れていると感じたことがありません。それがアパレル素人の私がブランドを始められて、いまだに続けられている理由なのかもしれません。

“renacnatta”には季節ごとのコレクションもありません。イタリアで良いシルクを仕入れられた時に新しい柄を発表し、形は常にシンプルなリバーシブルスカート2種類だけです。さらにデッドストックなので量産できないためすぐに売り切れてしまいます。しかし、日の目を見ていないデッドストックを使うことにこだわっているのでどんなに人気の柄でもストックがなくなったら再入荷しません。
そんなわがままなブランドですが、購入してくださる方々はそれをよしと肯定してくれるので本当にありがたいです。(本当に母のように寛容なお客様たち、、)

みなさま今後ともどうぞよろしくお願いいたします…!!

京都での展示販売会のお知らせ

そして最後に一つお知らせをさせてください!
いつもEC限定で展開している”renacnatta”ですが、5/31〜6/3の4日間、京都の四条烏丸で展示販売会を開催します。期間中は代表大河内も在廊していますので関西圏・京都におられる方はぜひ遊びに来て下さい。

それでは長くなってしまいましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。

展示販売会概要
“renacnatta” POP UP SHOP IN KYOTO
イベントページ:https://www.facebook.com/events/278911139316090/
開催期間:2018年5月31日(木)〜6月3日(日)
日時:13:00 ~ 19:00 (最終日だけ18:00まで)
場所:ギャラリーみやがわ
〒604-8224 京都府京都市 中京区炭之座町415(四条烏丸より徒歩4分)

“renacnatta”
Site: https://www.renacnatta.com/
Facebook: https://www.facebook.com/renacnatta/
Instagram: https://www.instagram.com/renacnatta/
Mail: contact@renacnatta.com