【今日から】ミラノの冬の一大イベントL’Artigiano in Fiera(国際工芸品見本市)

こんにちは、あいか(@aikanium)です。

ヒートテックとダウン必須のさむーい冬がやってきました。
秋ってなんだろう。過ぎてしまうと「えっ!?秋あった?」となるこの切なさ。これからさらに気温が下がっていくと思うと憂鬱〜。

まあ寒いのはさておき…
1年の最後クリスマス関連のイベントも盛りだくさんの12月。日本は忘年会シーズンでもありますしね!

(私は去年10年か11年ぶり?くらいにクリスマス&お正月を日本で過ごしましたが今年はまたミラノにおりまっす。)

今月のミラノの大イベント、“L’Artigiano in Fiera”(国際工芸品見本市)が今日から10日まで9日間開催されます。

ミラネーゼは全員行くんじゃないかっていうくらい定番のイベントで、出店側も毎年イタリア全土からはもちろん世界から100カ国ほどの店や企業が参加し、入場者は150万人を超える時も。工芸品といってもインテリアからファッション、食など本当になんでも揃っています。

飲みながら食べて、お店回って、色々な国のモノやヒトに触れられて本当に楽しい。上の写真のように毎度すごい人なので帰りの疲労感は半端ないのですが。(笑)

去年は日本にいたので行けませんでしたが、一昨年はロンドンに在住する日本人ご夫婦の美濃焼きShopのお手伝いで販売側として参加しました。そして、今年はお手伝いしないはずだったのですが急遽ピンチヒッターが必要になったようで日曜日と月曜日にお店に立つことになりました。(日曜日めちゃ混んでる、こわい)

このブログを読んでくださっている方の中でミラノ在住者さんがどれくらいいるのかはわかりませんが、フィエラに来られる際は日本エリアの中にいますので遊びに来てください〜♪

ロンドンやパリに比べると日本文化の浸透が遅いミラノ。2年前はまだ日本の陶器もあまり知られておらず、思いっきり「Sushi plate」と書いてあるお皿セットに「この色すごく鮮やかで綺麗だけど、身体に有害じゃないわよね?」と聞いてきたマダムもいたりして衝撃を受けました。(笑)

あれから2年、ミラノ市内の日本食レストランの数もジャンルもだいぶ増えてきているし、前よりかはもうちょっと知識がある人が多くなっているかも。2年前は美濃焼きのお店もミラノの見本市に初出店だったので物珍しくて買う人が多かったという印象。

今年のイタリア人の日本陶器への反応が楽しみです。私はしっかりその「良さ」をプレゼンして売りまくるよ〜w

◆L’artigiano in Fiera◆
日時:12月2日〜12月10日 10:00 – 22:30 
場所:Rho-Fiera 地下鉄の赤線(M1)の最終駅Rho-Fiera Expo。※郊外なので地下鉄チケットはExtraurbana(片道2.50€)を買って持っていないと地下鉄降りたところで罰金くらいます!
入場料:無料