日本語を話すと謙遜しはじめるイタリア人。イタリア語を話すと身振りがデカくなる日本人。

こんばんは、あいか(@aikanium)です。

突然ですが、みなさんは新たな言語を習得する上で大事なことってなんだと考えますか?

文法、ボキャブラリー、発音、耳…etc.

これら全て大事だと思いますし、どれがかけても語学は上達しないと思います。

あと私が付け足すとしたら「その国の文化への適応」でしょうか。

この前イタリア人の同い年くらいの男の子と話していたら
途中で「はい」と日本語で言われたので
「あ、日本語喋れるんだ?」と聞いたら「うん、ちょっとだけ。」と彼。
「アクセントの癖もあまりないし上手だね!」と褒めると
「いや、とんでもないです。」だって。

いやいや、謙遜してるー!めっちゃ日本人〜〜。

と思いました。(笑)

これ、イタリア語だったらこの返答が返ってくるかと考えたら違和感があります。
「アクセントの癖もあまりないし上手だね!」
と言われたら普通のイタリア人の感覚だと「ありがとう。」と返すでしょう。

彼に、誰にどう教わったのか、それとも自然に習得したのかは聞きませんでしたが、日本語を喋る時に日本人の心を持っていて素晴らしいな、と思いました。
でも、確かに彼だけでなく、私の知っている他のイタリア人も日本語を喋る時はすごく日本人らしくなる人が多いかも!

逆に私はイタリアでこんな経験がありました。
イタリアはとにかく独特なジェスチャーが数多く存在します。私がミラノに来たばかりのときはジェスチャーの意味が全く分かりませんでした。しかし、日常の中で目にしているとだんだん理解していき、そのうち自分も言葉発さずとも「あなた何言ってるの?」というジェスチャーが自然に出来るようになっていて

(↑これw)
それを見た友人に
「あいか、あなたはもう立派なイタリアーナだよ。」と言われました。

(あ、このジェスチャーまとめ記事、今度写真とともに書こーっと!)

日本語を話し始めると謙遜しはじめるイタリア人、
イタリア語を話し始めると身振り手振りがデカくなる日本人。

本人たちにとっては自然なことなんだけど客観的に見てみると面白い。

結局、外国語が上手な人はその言語が話されている国の文化や国民性を理解している、もしくは理解しようと努力しているように感じます。
文法やボキャブラリーだけではない習慣への知識があることによって、スムーズで気持ちの良いコミュニケーションが取れるようになるのかもしれません。

ではまた!