寄稿記事『カルチャーショック〜世界から見た日本〜』by デザイン留学生

こんにちは、あいかです。

今日は私の友人が書いてくれた寄稿記事をご紹介します。
彼はイタリア、トリノでデザインを勉強している日本人留学生。
海外への留学や移住を考えている人にぜひ読んでもらいたいです。また海外移住だけに留まらず、新しい目標に対してなかなか実行へ移せない人にも彼の実体験からくるメッセージは背中を後押ししてくれるかもしれません。

カルチャーショック 〜世界から見た日本〜

日本に帰ると必ず一度は聞かれることに、
「カルチャーショックはあったか」
というものがある。
人によって個人差はあるだろうし、様々な環境の変化はあったが、
実を言うと、イタリアに来て生活を始めた時はそれをカルチャーショックとは感じなかった。

日本人は何か新しいものに直面する時、出来る限りの準備をする。

私自身もイタリアで生活を始める前は様々なことを考えたものだ。
そのため不安を感じると同時に、カルチャーショックと成り得るものに対して心の準備は既に出来ていた。

振り返ってみると、大抵のことが起こってもここは日本ではないからと諦めたり納得したりするような、文化の違いを受け入れる器量を持ち合わせていたということなのかもしれない。

一見これは日本人の強みの様にも思える。
しかし私は、この考え方こそが今の閉鎖的な日本を作っている様にも感じる。

私は準備なしには何も行動に移せない、そういう人間だった。
新しいことをするといっても、その大部分が誰かが敷いたレールの上を進んでいるに過ぎないのではないか。
そう考えると今までしてきた無駄なことが次々と浮かび上がってきた。

例えば、英語を勉強したいと言って日本で準備をしてから海外留学するのと、多少不安があっても、すぐに行動に移して留学するのでは後者の方が語学の上達の面で大きな成果をあげるのは言うまでもないだろう。
しかし、それを認識しながらも一番大きいストレスから逃れるために、準備というレッテルを貼った逃げの選択肢をその場しのぎで選びがちである。

もちろん物事に対する準備と、心構えは大切である。
しかし、それが過ぎると新しい何かが生まれる可能性はゼロに近づいていく。
必要最低限の準備と心構えを持って、重い腰を上げれば、新たな発見とともに、未来は好転していくだろう。

私は、普段日本人と触れ合うことがほとんどなく、アフリカから、南アメリカ、ヨーロッパまで、様々な人々と行動を共にしているが、彼らの行動力には本当に驚かされる。
日本の外に出て彼らと共に生活していく中で、自分が本当にやりたいことに対して自信と恐れずに進んで行く意志を持つことが重要であるということを改めて学んだ気がする。

もちろん、日本は美しい。
帰国の度に、なんと素晴らしい国かと衝撃を受ける。
人の親切さ、サービスのよさ、徹底されたシステムは、私たちの生活を便利に豊かにしてくれている。

しかし、そのような最高の環境で生活している日本人はまた、その便利さ故に、閉鎖的になり、様々なものの判断基準を勘違いしているようにも思える
現在、日本は国際化に向けて様々な対策をしているが、国際化という言葉を、日本からの視点のみでとらえている今のままでは、表面上の、形だけの国際化で終わってしまうだろう。

「逆カルチャーショック」

初めの問いに私はいつもこの言葉を用いている。
先に言ったように、帰国の度に、日本の素晴らしさに驚かされるからだ。

私たちは、実は世界で稀な特殊な国で、人生のほとんどを生きている。
だからこそ私は、日本で生まれ育った私たちの感性や創造性は世界に通用すると信じている。

充実したシステムを持つ日本に甘えずに、
そこを強みにして世界を広げれば、若い世代が担う日本の未来は明るいものになるだろう。

ライター:R (デザイン留学生)