【ミラノ在住女子にインタビューしてみた!】vol.5 オペラ歌手

ミラノに住む日本人女子にレナクナッタのスカートを履いてもらい
着こなしを紹介しながら簡単なインタビュー記事を書いていくという企画。

彼女達がなぜイタリアに来たのか、ミラノでどんなことをしているのか、感じているのか。
様々な分野で活躍をしている私の友人をスカートとともに紹介していきます。
イタリアや海外生活に興味がある方や留学を検討中の学生さんにちょっとは役立つのではないでしょうか。

今回紹介するミラノ在住の日本人女子はオペラのソプラノ歌手のHanaさんです。
(こちらのインタビュー記事は2016年3月23日に書いたものです。)

renacnatta_hana

ではインタビュースタート!

— 出身はどこですか?
愛知県半田市です。

— ミラノに来て何年目ですか?
6年目です。
renacnatta_hana4
— ミラノへ来ることになった経緯は?
日本では大学、そして大学院と歌の勉強をしていたのですが大学院を卒業する時にもまだまだ歌を学びたいと思っていました。じゃあどこで学ぼうと考えた時に次のステップは本場イタリアかなと。大学の先輩の先生を紹介してもらったところ、その人がミラノの先生だったんです。その先生のレッスンを受けるためにミラノに来ることにしました。最初は1年半の留学の予定だったんですけどね、気がついたら6年経っていました。

— 今ミラノではどういう活動をしているんですか
レッスンを受けながらプロとしても舞台に立たせてもらっています。
renacnatta_hana1
— オペラの本場イタリアに来て苦労したことはありますか
苦労…あまりした覚えがないですね〜。運がいいんです。(笑) これじゃインタビュー内容つまらないですね。(笑) アジア人だからといって不利に感じたことはあまりないです。

— すごい!それが…才能というものですね。
いやいや、、もちろん努力はしてきたつもりです。でも幸いなことに声量や声質に恵まれていました。声がよく通るほうなので街中やレストランでも友達がたまたま近くにいると「あ、Hanaがいる。」とすぐバレるし、初対面の人にも「Cantante(歌い手)でしょ。」と言われることも多々あります。(笑)
renacnatta_hana5
— 確かにThe ソプラノという声!(笑) では逆にイタリアに来てよかったと思うことは何ですか?
オペラでいうと生で良いものをすぐに聞けるというところですね。例えば「今週、何か面白そうなオペラあるかなー」と思いついてから、ネットで調べて「あ、これ行こう♪」という感じですぐに行けるんですね。長く住んでいるとそれが当たり前になっていたのですが、身近に本物のオペラを感じられるってすごく恵まれた環境でありがたいなーと最近改めて感じています。
renacnatta_hana3
— 今後のオペラ歌手としてのプランはありますか
今後もずっと舞台で歌っていきたいです。イタリアと日本、両方で活動していきたいですね。今度の6月には地元名古屋でエウロリリカという団体主催のヴェルディ作曲「イル・トロヴァトーレ」というオペラでヒロイン役で出演させてもらいます。愛と死そして復讐、イタリア人作曲家ヴェルディらしいとてもかっこいいオペラなので自分も今からとても楽しみにしています。今まで本場で学んだことを充分に発揮できるよう頑張ります!

〜ここでインタビュー終了!〜

Hanaちゃんお忙しいところどうもありがとうございました!前回インタビューしたソプラノ歌手のすみかさんもそうでしたが、本場の第一線で活躍する歌い手さんは「麗しい」という形容詞がぴったりです。(笑)
イタリアは「本物」を感じられるということ。歌だけでなく建築やアートなどでも身近に触れることができるのはイタリアの良いところだと思います。私も高校生の時に美術史の教科書でまず勉強してそのあと、クラス全員で散歩しながら実物を見に行ったりとかしていて。学校の隣はミラノ最古の聖堂サンタンブロージョ教会だったり、校内にはダヴィンチの愛弟子が描いた「岩窟の聖母」が貯蔵されていたりと、、今思えば最高に恵まれた環境で勉強させてもらっていました。
でもHanaちゃんの言う通り長く住んでいるとそれが当たり前の感覚になってしまうんですよね。もうすぐイースター休みなので家族はローマ旅行ですが(さっき旅立った…羨)私はワンコとお留守番なのでミラノ&近郊の街の再発見ツアーをするとします。

では次回のインタビューもお楽しみに!

過去のインタビュー記事はこれで最後なのでまたミラノに戻ったら新たにミラノ女子たちをインタビューしていこうと思っています。
こんな職業の人の話聞いてみたい!こんな質問してほしい!などありましたらコメント等で書いてくださいね!