ギャングなバレリーナに花のブーケになったモデルたち『MOSCHINO SS18』@ミラノコレクション

こんばんは、あいかです。
ミラノでは今、20日から25日まで18年春夏ミラノコレクションが開催されていますね!
私がコレクションでいつも楽しみにしているのがデザイナーのジェレミー・スコットが率いるMOSCHINO(モスキーノ)のショー

毎回テーマをどストレートに表現したドレスたちは常に世界中のSNSを賑わせます。マクドナルドやBarbieなどをモチーフにしたコレクションは記憶にも新しいはず。

そして今回もやってくれました。というか私の中では今までのランウェイの中で1番好きなテーマだったかもしれません。

最新コラボMy Little Ponyはギャングバレリーナスタイル

最初のセクションは最新コラボのMy Little Pony(アメリカのテレビアニメ)のTシャツシリーズからスタート。バレリーナと80年代ギャングの要素がMIXされています。

華やかなフラワードレスはもはや芸術品

そして後半はお花に扮したモデルたちが登場。花や庭園、美しい公園を想像するフラワードレスが続きます。


最後の写真のモデルはキャットウォークで花びらを撒き散らすという演出もあり、かなり盛り上がっていました。


まるでフェアリーテールの世界にいる妖精のようでうっとりしてしまいますね♡
私、結婚式のお色直しこんなの着たい。(笑)

やっぱりすごいファッションの力

先シーズンはダンボールやペットボトルを使い、シリアスなメッセージを発信したジェレミーでしたが、今季は以前のような見る人が自然に笑顔になれるような世界を見せてくれました。
「何よりポジティブでいなければならないし、僕がみんなをポジティブな気持ちさせないと」と話し、会場にハッピーな魔法をかけてくれたのでした。

こういった最先端のコレクションを見ていると服だけで着ている人だけでなく周りの空気までも変えることができるんだなーといつも感じます。私も服を作っている側なので着る人が幸せになり、そしてその人の周りにも特別な空気が流れるような、そんな服を提供していきたいです。

ではまた!