『日本語とイタリア語』文章の構成から国民性を探ってみた!

こんばんは、あいかです。

イタリア人はよく喋る。本当によく喋る。
明るい社交的な人間が多い国であり、そういった国民性なのだ、といえばそこまで。

ですが私は、国民性の他に、イタリア語自体にもその理由があるのではないかと思っています。
私にとって母国語は日本語なので日本語の方が遥かに喋りやすいのは当前ですが、どうもイタリア語の方が文をしっかり組み立てずとも喋ることが出来るような気がします。
また、イタリア人と喋るとあまり相手に遠慮することなく思った事をストレートに表現できるので、(そして、向こうもストレート)時にイタリア語の方が喋りやすかったり伝えやすかったりします。

主張してから理由を述べるイタリア人、理由を述べてから主張する日本人

この前、同じく日本人でイタリアに住んでいる友人に「なんかあいかって日本語の文の組み立て方がイタリア語文法みたい。」と言われました。
その人によると私はいつも、「何々だ。」と事柄をのべた後に「だって~だから。」と理由をつけるらしく、日本人なら「~だから何々だ。」と、「理由→事柄」の順序で文の組み立てをするのが普通だそう。

勝手に自分を分析すると、高校生の時からずっとイタリア人の中で揉まれながらイタリア語を習得したことにあると思われます。
当時はどうにかイタリア人達の会話の中で押されないように、負けないようにととりあえず片言でも、イタリア人同様、まず思ったことを「主張」そしてそのあと「Perché…(だって…)」と理由を述べるという「主張→理由」の構成を自然と身につけ、きっとそれが日本語にまで影響してしまったのではないかと。。。
小さい時から自分の言いたい事ははっきり言う性格だったのでイタリア生活によってその性格に拍車がかかったようにも思えます。

英語も「主張→理由」、事柄や意見を述べた後に”Because…”と続けます。
つまり、日本語での「理由→主張」、この文の構成は逆に日本語ならではなのかもしれません。
そして良い意味でも悪い意味でも日本人をよく表している構成だと思います。
良い意味ではとても論理的な文章。
日本人は自然にこのように喋っていると思いますが、事柄に結びつけるまでに、自分の頭を整理し、相手の気持ちを考えて発言しているような気がします。
しかし、時に考えすぎ、結果、事柄にたどり着かない場合もあるのではないでしょうか。
国際社会で考えた時、理由を最初に並べているところで真っ先に他の欧米人に意見をかぶせられてしまうでしょう。
これは海外に出たことのある日本人なら誰もが一度は痛感するのではないでしょうか。
相手の意見を最後まで聞き、そのあと「はい、次あなたの番」なんて進行があるはずもなく、自分が思いついたとたんに口を開き、時には相手の声を遮るかのごとく大きな声でかぶせてきたり、話の腰を折られることもしょっちゅうです。

イタリア語は口語になるとシンプル

そしてイタリア語は文法が難しいのですが、口語になると単語を並べるだけでも意味が通じ会話が成立したりします。
例えば日本語での「私は違うと思う。」は正しいイタリア語の文章では”Io penso di no.“だけれど、口語では簡単に”Per me no.(私にとってはNo)”や“Io no.(私はNo)”だけで通じます。
こういった面でもイタリア語は喋りやすい、とてもリズミカルに会話が進むのです。

逆に日本語では「私は違うと思う。」とも、はっきり言わずに相手の気持ちも考えながら言うために、表現を少し濁すような「私的には」とか語尾に「~けど。」や「~なあ。」などをつけてさらに歯切れが悪くなります。
こういう日本語ならではの微妙なニュアンス、日本人らしい奥ゆかしさを感じて私は好きですが、外国人が日本語を習う際はとてもやっかいに違いないです。

今後、イタリアへ留学や就職を考えている人へ

ものすごく当たり前のことですがあえて書きます。
日本社会のルールとイタリアや欧米社会のルールは全く違うということをしっかり認識するのが大事。

日本人は日本人らしくいることが大事ですが日本人の良いところを出しすぎると痛い目を見たりすることも。。。

私の場合はイタリア語を喋ると頭のスイッチが自動的に切り替わるような気がします。具体的にいうとこうなります。
-自分の意見を絶対持つ。「ん〜どうだろう?」とかなし。
-それを遠慮せずはっきり伝える。好きなものは好きと、嫌いなものは嫌いと。
-相手の言っていることが分からなかったらすぐに「わからない。もう一度言ってほしい」と伝える。
-間違ってると思ったら否定することも大事。

イタリア語をある程度喋れらるようになるとイタリア人との口喧嘩も日常茶飯事です。
しかし、彼らとの喧嘩は後を引かずにすぐに仲直りすることがほとんど。
数分後には何事もなかったかのように元通りにもどります。
それは、揉めた際、相手をけなしているのではなく相手の事を尊重しつつも、意見が食い違っただけだから
日本社会とは全く違うので、相手が教授だろうと、見知らぬ人だろうと変な気遣いなどは捨て、自分の考えている事を素直に伝える。
これが長年イタリアに住んで自然に身についた私流イタリア人と上手くやっていける秘訣です。
もちろん波風立てずに穏やかにイタリアで過ごしている日本人もいると思いますよ。でも揉めるのも人間らしくて面白いと私は思ってしまいます。

昔はこのイタリアンスタイルを日本人相手にもしてしまったりして日本人の大人に嫌われたことも多々ありましたが(笑)今では割とバランスよくイタリア人の持つ積極性と社交性、日本人の持つ協調性と思いやり精神を持てるようになってきているのではないかな〜と。(笑)

こうやって自分を持ち上げちゃうあたり、まだイタリア寄りだったりして。

ではまた!