どんな時間の過ごし方も意識の違いで質が変わる

こんばんは、あいかです。
今日は時間について考えながら書いてみようと思います。

プライベートと仕事の境界線

フリーランスになってプライベートと仕事の境界線がボヤけました。こう書くとメリハリのないネガティブな印象を与えるかもしれませんが、私は自分の時間の持ち方を改めて意識するようになりポジティブにとらえています。

例えばこの前の東京滞在でも色々な業界の方達と会ってカフェをしたりご飯を食べる機会がありました。
その時その方達とすぐ一緒にお仕事をする話になったわけでも将来利益を生む話に繋がったわけでもありません。

多分多くの人にとっては楽しいプライベートな食事時間という認識になるのかもしれませんがフリーランスの私にとっては大事なインプットとアウトプットの時間だったり人脈作りのきっかけになったりします。
これって表面上では大して分からない、完全に内の意識の問題だと思うんです。いつも自分のこと知ってもらいたいな、相手のこと知りたいな、いつかこの人とこんなことやれたら面白いななど色々と考えながら会話しています。
そこを意識するだけで時間の捉え方や話の広がりなども変わってきます。時間の質が変わってくる、と言えばいいのでしょうか。

そんな意識をしているからか、会ったその時に直接仕事にならなくても、それから時間がたってふとした時に私と話したことを思い出して仕事の話を持ってきてくださったり、また新しい人を紹介してもらったりということがどんどん増えていきました。

ただの食事、されど食事。どこにビジネスチャンスやインスピレーションのヒントが隠れているかはわからない。だからこそ出会いや会話、その時に共有する時間を大切にしています。

表面上は変わらない、頭の中だけで操作

散策中でも旅行先でも、良いものや人に出会うとこれをどう自分に生かせるかな~なんて考えてしまいます。えぇ、貪欲ですとも。(笑)

実際にミラノや他の旅行先の街の美術館で撮った天井の写真が後にデザインの元となって新しいプロジェクトが始まったりもしました。


↑これが天井の写真
↓そしてそれを加工し柄に。

一見仕事と関係のない時間でも意識を変えるだけでアンテナがビビビッと立って色々なものが見え、聞こえてきます。あと、上に書いたように後に思わぬアイディアの元になったり。
私はせっかく同じ時間を過ごすのであれば、時間の質を変えようと意識の操作をするよう心掛けています。

もともと好奇心旺盛な性格なのでそういうライフスタイルが楽しくもあります。

と、今日はフリーランスの私なりに『時間』についての考えてみました。また数年後、もしくは数ヶ月後には考えが変わっているかもしれませんが!

ではまた!

■ランキング参加しているのでよかったらクリックお願いします■

ブログランキング・にほんブログ村へ