現代音楽 x 電子音響音楽 x ファインアート『灯』

先日、同い年でトリノに住んでいる日本人の友達が企画した音楽アートイベントが六本木で行われたので行ってきました。

現代音楽 x 電子音響音楽 x ファインアート
「灯 ~Tomoshibi~」

コンサートをベースにアートを展示しお酒を片手に楽しめる空間を提供するというのがテーマだそう。

最初は曲の意味や込められた想いを理解しようと努力したけれど音楽ど素人の私に現代音楽は難しすぎたので途中からは考えるのを停止して、目の前で起こることをただただ眺めたり、次このタイミングで音鳴るかなー。あ、鳴らねえ!みたいに聞いてたら楽しめました。笑

ダンサーが踊りながら中心にある大きなインスタレーションの壁を剥がしていき、だんだんその中で演奏している人たちが見えてくる演出もチラリズム的な感じでわくわくしたり。

第一回目の開催だったので見ているこちらも手探りという感じだったけど、これから回を重ねるごとにイベントだけでなく観客側も進化して、いつかさらなる面白い化学反応が起こるんじゃないかと思えるような、、今まで見たことのない新しい形のコンサートでした。多分あの空間にいた人の数だけ感じ方もそれぞれだったと思うけど、私個人はそんな感想を持ちました。

イタリアで出来た友達はみんなジャンルバラバラ。でも私の知らない色々なことを教えてくれるし刺激をくれる!ありがたい。

ほるんくんお疲れ様~!

■ランキング参加しているのでよかったらクリックお願いします■

ブログランキング・にほんブログ村へ