狂言と現代ダンスの融合「TOKYO ART CITY by NAKED」

東京ドームシティで開催中の「TOKYO ART CITY by NAKED」にて、8月15日・16日の2日間限定で、「和泉流狂言師 野村万蔵×SAMURIZE from EXILE TRIBEコラボステージ in TOKYO ART CITY by NAKED」が開催されており、16日にお誘いいただいたので行ってきました。

「TOKYO ART CITY by NAKED」は、「都市とはアートである」をコンセプトにした体験型展示会。変化を続ける“TOKYO”を題材に、東京を象徴するスポットのミニチュア模型を使ったプロジェクションマッピングや最新テクノロジーによる光と映像の演出で多彩に表現されています。

私が見た「和泉流狂言師 野村万蔵×SAMURIZE from EXILE TRIBEコラボステージ in TOKYO ART CITY by NAKED」は、300年続く狂言和泉流野村万蔵家九代目当主・野村万蔵氏による伝統の舞と、LEDダンスパフォーマーSAMURIZEによるLEDパフォーマンスという異色のものが混ざり合う特別コラボレーションステージ。
渋谷のスクランブル交差点がステージになっています。↓

東京のカオス感、クレイジーな雰囲気がステージ上に凝縮されていたようなパフォーマンスは圧巻でした。
パフォーマンス中は撮影NGだったので写真はオフィシャルFBページから拝借↓

展示全体のどストレートな表現はとてもわかりやすく、あまり深く考えずに(よかったのかな?笑)美しい光のアートを楽しむことができました。

文章や写真だとなかなか伝わらないのでこちらの動画だとわかりやすいかも。

■開催情報■

TOKYO ART CITY by NAKED
期間:2017.6.16[fri] – 2017.9.3[sun] 場所:東京ドームシティGallery AaMo(ギャラリー アーモ)
チケット:大人1600円 中高大生1400円 小学生900円
公式サイト:http://tokyoartcity.tokyo